介護保険と居宅介護支援

介護が必要な高齢者の方々の「自宅で生活したい」という希望を叶える為に、在宅介護のサポートを致します。
介護支援専門員(ケアマネージャー)が、介護保険新規申請やケアプランの作成、介護保険に関するご相談などをお受け致します。
※ご相談及び介護保険の新規申請、ケアプランの作成における費用等は全額保険給付で行いますので、自己負担は一切ございません。

サービス概要

・ケアプラン(介護サービス計画)の作成

介護を受ける方の心と身体の両面の状況と生活環境を合わせて、またご家族の希望もお聞きした上で、一緒にケアプランの計画を立てます。

・現状確認

月に1度、ご本人とご家族の方と面接を行い、お身体の具合や介護の状態についてお聞き致します。
最初に作成したケアプランに沿って、現在の状態とプランが合っているかどうかの確認をします。

・給付管理表の作成

ケアプランに応じて、給付管理表を作成します。
自己負担で無理なくサービスが受けられるように、介護保険の自己負担額についての説明を行います。

ケアプラン作成までの流れ

※「要介護認定」を受けていない方は、申請をする必要があります。
※介護保険の新規申請「要介護認定」の代行も致します。自己負担は一切ございません。

1.訪問・ヒアリング

ケアマネージャーがご自宅にお伺いして、介護に関するお悩みやお困りごと、介護サービスに関するご希望・ご要望をお聞きします。

2.ケアプラン(介護サービス計画)の作成

ご要望に沿ったケアプランの作成を致します。
在宅介護において、介護される方に合った自立支援についての計画を立てます。

3.ケアサービスの提供者との連絡・調整

ケアマネージャーが、介護を受ける方とそのご家族、サービスを提供する介護事業者やヘルパーなどの間に入り、必要な介護サービスが円滑に受けられるように連絡・調整を致します。

4.ケアサービスの提供

サービス提供事業者である訪問看護師やホームヘルパーがお伺いします。
サービス提供事業者である通所介護事業所やデイケアなどを利用します。

5.ケアプランの見直し

月に1度、ケアマネージャーがご自宅にお伺いして、介護を受ける方とそのご家族に現状をお伺いします。
状況に合わせて、ケアプランの見直しを行います。
※ケアプランの作成における費用は、全額保険給付で行いますので、自己負担は一切ございません。

PAGE TOP