KAGOSHIMA STAR CLUB BLOG

デイサービスなどの経営に役立つ「介護福祉経営士資格」について

介護福祉経営士の資格を取るにあたって、経営手法などを学べる

2013年に「一般社団法人・日本介護福祉経営人材教育協会」が、「介護福祉経営士」という民間資格を設立しました。これはデイサービスなどの介護福祉事業をマネジメント・経営する能力を持つ人材を育てるための資格です。今回はこの資格の概要や、取得するメリット、受験費用などのコストについて解説していきます。

デイサービスの経営に役立つ資格「介護福祉経営士」とは?

介護福祉経営士は民間資格であり、「デイサービスなどの介護福祉事業のマネジメントや経営ができる人材を増やすため」のものです。

デイサービスの経営に役立つ資格「介護福祉経営士」とは?

介護福祉経営士資格を持っていることで、「デイサービスの経営に必要なマネジメント・経営手法を習得している」と証明することができます。

具体的には、

・介護報酬制度
・財務、法務、労務、
・人材育成、人材管理
・マーケティング
・介護サービスのクオリティアップ

などについて学ぶことになります。

実力のない経営者によってデイサービスなどの介護事業所が破綻するケースは少なくありません。ですがこの資格を持っていると、そのリスクは大きく下がることでしょう。

デイサービスの経営者が「介護福祉経営士」の資格を取る主なメリット

デイサービスの経営者が「介護福祉経営士」の資格を取る主なメリット

では、介護福祉経営士の資格を取得することの主なメリットを挙げていきます。

デイサービスの経営ノウハウを習得できる

デイサービスなどの経営に役立つ「介護福祉経営士資格」について

介護福祉経営士の資格を取るために勉強する中で、デイサービスをはじめとする介護事業の経営ノウハウを吸収することができます。

そのため

・これから介護ビジネスに携わろうとしている異業種の人
・事業拡大を考える経営者
・独立や開業を考えている介護スタッフ

などが取得を目指すパターンが多いです。

キャリアアップに役立つ|マネジメント力が身につく

独立や開業をしないとしても、管理者や施設長になった場合はマネジメント力が欠かせません。また、デイサービスの利益アップや、介護サービスのクオリティ向上など、「経営者視点」を有することが必要となります。
そして介護福祉経営士の資格を持っていれば、その辺りの能力があることを証明できますから、キャリアアップのために大いに役立ちます。

デイサービスの経営に役立つ「介護福祉経営士」の資格試験の概要

続いては介護福祉経営士資格の試験などの概要について解説していきます。一般的な資格試験と大まかな流れはそれほど変わりません。

資格認定までの流れ|受験→合格→登録審査

介護福祉経営士資格には1級と2級があります。2級の試験では基本的な知識を問い、1級ではより専門的な知識と実践能力を求める傾向にあります。

介護福祉経営士1級を取得するまでの流れは以下の通りです。

2級試験→合格→登録審査→2級取得→1級試験→合格→実践研修修了→変更登録審査→1級取得

受験資格|2級は誰でも受けられます

介護福祉経営士2級試験は誰でも受けることができます。介護の実務経験なども不要ですし、外国籍の方でも受験することが可能です。
そして2級を取っていると、1級を受けられるようになります(いきなり1級を受けることはできません)。

受験方式・日時・場所はCBT方式であり自由度が高い

受験はCBT形式であり、日本中に数百カ所あるテスト会場から好きなところを選択して試験を受けることができます。テストは年末年始以外、基本的に毎日実施されています。
予約申し込みは3か月前から行うことができます。

申し込み手段はインターネットのみ

インターネットによる申し込みのみ受け付けています。郵送や電話で申し込むことはできないので覚えておきましょう。

介護福祉経営士試験の合格率と難易度|60%程度

合格率は60%程度であり、特に2級については「介護サービスの基本知識」がメインとなります。そのため現役のデイサービスのスタッフだったり、介護福祉士・介護支援専門員だったりすれば勉強しやすいことでしょう。

ただし、簿記試験などとは違って「誰か(学校など)から強制されて試験を受ける、モチベーションの低い人」はほとんどいないでしょうから、裏を返せば「真面目に勉強している人でも40%ほどは落ちる」と言えるでしょう。そのため油断は禁物であり、ベテランの介護従事者でも勉強は欠かせません。

介護福祉経営士の勉強には「介護福祉経営士テキストシリーズ」が役立つ

介護福祉経営士の資格取得のためには、「介護福祉経営士テキストシリーズ」を使うことをおすすめします。2級の勉強には「基礎編」、1級には「実践編」を利用しましょう。
ただし基礎編が全10巻セット、実践編が11巻セットであり、合計で5万円ほどしますから、それなりの出費になるということは理解しておきましょう。

介護福祉経営士試験の費用は1万円前後

受験料は1級が1万円、2級が9000円ほどです(時期によって変わる可能性もあります)。
そして、ここに協会への入会費や年会費が加わることになります。

まとめ

「介護福祉経営士資格の勉強をすること」によってデイサービスなどの経営に必要なノウハウを吸収することができますし、資格を持つことで「経営する能力がある」と証明することが叶います。取得難易度はそれほど高くありませんから、現役経営者や経営者を目指す方は勉強をスタートしてみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧

  1. デイサービスで行うレクリエーションにはどんな意味がある?種類は?
  2. デイサービスの業務に慣れるまでに役に立たないと言われないためには
  3. 鹿児島 デイサービス スター倶楽部 のブログ【地域密着型通所介護事業】
  4. 消毒2
  5. デイサービスなどで活用されている高齢者のための便利な道具|鹿児島
鹿児島 デイサービス 看護師 准看護師 募集 採用情報 株式会社デイサポートステーション
鹿児島 デイサービス 趣味や娯楽レクリエーションの紹介 株式会社デイサポートステーション 有資格者情報 実務者研修修了 社会福祉主事 介護支援専門員 作業療法士 あん摩マッサージ師 柔道整復師 看護師 介護福祉士
鹿児島デイケアサービス スター倶楽部 介護士募集
PAGE TOP